新時代を迎えた公共図書館の役割と意義について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数803
ダウンロード数8
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.「情報化社会」の現状
     1995年に発売されたマイクロソフト社製パーソナルコンピュータ用オペレーションシステム『Windows95(ウィンドウズ95)』、及び携帯電話を始めとする携帯型情報端末の爆発的な普及によって、現代は瞬く間に「情報化社会」へと突入した。「情報化社会」とは、 「情報を扱う諸活動が顕著であることを特徴とする社会のこと」をいうが、そのような社会においては時代の流れと共に技術の進歩が著しく、かつては長期間利用することのできた情報が次々に刷新され、陳腐化する速度を速めていってしまう。そのため、今や情報は単に存在するだけで役に立つモノではなく、利用者側が積極的に捜し求め、利用することで初めて意味を成すモノへと変化しているのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.「情報化社会」の現状
     1995年に発売されたマイクロソフト社製パーソナルコンピュータ用オペレーションシステム『Windows95(ウィンドウズ95)』、及び携帯電話を始めとする携帯型情報端末の爆発的な普及によって、現代は瞬く間に「情報化社会」へと突入した。「情報化社会」とは、 「情報を扱う諸活動が顕著であることを特徴とする社会のこと」をいうが、そのような社会においては時代の流れと共に技術の進歩が著しく、かつては長期間利用することのできた情報が次々に刷新され、陳腐化する速度を速めていってしまう。そのため、今や情報は単に存在するだけで役に立つモノではなく、利用者側が積極的に捜し求め、利用することで初めて意味を成すモノへと変化しているのである。
    2.「情報活用能力(情報リテラシー)」の必要性
     しかしながら、情報化社会では大きな問題が発生する。情報と人間の情報処理能力との「アンバランス」である。人間の意思決定は限られた時間の中で行われるものであるため、その期限までに入手した情報によって行動を起こすしかない。それ以上の情報がないと明らかな場合には何の問題もないが、より良い情報の存在する可..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。