移民の子どもたち――アメリカの移民から

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数671
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.はじめに
     人種のるつぼと評されるほど多様な人々が暮らすアメリカ合衆国には、もちろん移民も多くいる。アメリカに移住した人々の子ども、つまり移民第二世代・第三世代の人々は、アメリカ社会にどのように適応し、どのように受容されるのか。こうした疑問に対し、各個人の文化変容のパターンから考察したい。また、そこからグローバル化していく社会の中でますます議論されるべき「移民政策」の課題についても探りたい。
    2.社会適応に影響する要素
     移民第二世代の子どもたちがアメリカ社会に適応する際直面する問題は、大きく分けて三つある。人種差別、分岐した労働市場内での不平等、インナーシティ(スラム地区)に追いやられた人々のサブカルチャーだ。これらの問題は、移民に対する職業の流動性や社会的理解を困難にしている。こうした問題への対処やアメリカ社会への適応に影響を与えるのが、第一世代である親の人的資本やアメリカにある同一民族コミュニティである。
    親の人的資本とは、収入に代表される経済的資本や英語能力、学歴に代表される社会的資本などを合わせたものを指す。親の人的資本の中でも、特に経済・社会的資本は家族の社会的・経済的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。