佛教大学 特別活動研究 最終試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数750
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 生徒が相互に「望ましい人間関係」を確立できるようにするため、中学校の学級担任としてどのような援助をするか。 具体的場面を設定してその取組例を実践的に記述せよ。
    例えば、学級内での話し合いの場である,「学級会」の場を例にした取り組みを述べる。ブレインストーミング等を用いて自由な生徒のコミュニケーションを通して、前向きな雰囲気で進めるように提案することが挙げられる。
    そして,自己決定の場を与えることが重要である。例えば、修学旅行の班別行動で目的地や決まりを自分たちで決め、行動に責任をもたせるといった取り組みが挙げられる。
    おわりに以上のような取り組みを通じて、生徒同士は互いに理解されていると感じるようになり、望ましい人間関係を築いていくと考えられる。
    という形でまとめてみる。
    「生徒の将来の進路の適切な選択決定にかかわる諸注意とその具体的な進め方を実践的に記述せよ。」       
    まず、進路指導は、「進路指導の基本は生徒の自立を目指す教育活動である」ことを念頭に置いて行わなければならない。
    具体的な進め方としては
    指導発達段階に応じて、段階を踏んだ年間指導計画を作成し、生徒一人一人の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。