佛教大学 教育相談の研究 最終試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数712
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    その1
    『現代の社会や学校において、カウンセリングがますます重視されるようになってきている背景や原因について考察しなさい。』
    現代の社会は変化の激しい時代である。少子化や核家族化、都市化社会によって、同年代の子供と遊ぶ機会や年長者、近所の人といった立場の違う人と関わる機会のないまま、コミュニケーション能力や他者を尊重する心等が充分に育成されていないという現状を生み出している。このことは、時に「いじめ」や「不登校」といった問題行動として現れている。これらの問題を解決すべく、教師が熱心に関わり、なんとか信頼関係を築こうとしても容易につながりを持てなかったり、なかなか児童・生徒を理解できにくくなってきている。また、地域や家庭の教育力が低下してきている現状は学校という集団生活の場での基本的な生活習慣や態度ができていないというようなケースも生み出しており、家庭や地域に変わって学校が生活習慣や態度の指導も行っていく事が求められている。
    人とのつながりが充分に持てない子供たちには、何かを教えるという以前にまず、教育の枠にのれるように心を育てていくことが重要であるが、「不登校」や「いじめ」などの問題は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。