佛教大学 道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数494
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
     1996年7月に出された第15期中央教育審議会第一答申、「21世紀を展望した我が国の教育のあり方」以来、今日の教育目的となった「生きる力」について検討し、その後「生きる力」の核となる豊かな人間性を育む道徳教育のあり方について考察していく。
    社会のめまぐるしい変化の中で子どもたちを取り巻く環境も日々変化し、学力の問題に加えていじめや不登校、自殺などの健やかな成長を拒む問題が浮き彫りとなった。上記の答申では、「生きる力」を全面に打ち出した。「生きる力」とは①自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力。②自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性。③たくましく生きるための健康や体力。この三つの能力から成る知・徳・体のバランスのとれた力であり、「人間としての実践的な力」とも言うべきものである。その後、中央審議会は、2003年10月に答申「初等中等教育における当面の教育課程及び指導の充実・改善方策について」を出し、新学習指導要領の基本的なねらいは「生きる力」の育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。