聖徳大学 相談・援助の心理学 試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数769
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談・援助の心理学
    カウンセラーがクライエントに応答する際、考えられる原則を5つ挙げなさい。
     ①共感的理解
     クライアントに対し、安心感を与え、クライアント自身の考えや感情が理解されているという気持ちを持たせることでクライアントの自発的な発言を促し、カウンセリングを充実させることが出来る。また、クライアントとの間にラポールが生まれることにもつながる。
     ②カウンセラー自身が純粋であること。または、自分自身と自分の役割に一致性があること。
     カウンセラーはクライアントに対し、軽々しいと判断される存在感を与えてはならない。クライアントはカウンセラーに対し、信頼され、頼りがいある存在でなければな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。