聖徳大学 道徳教育の研究1 最終試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数738
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     戦後、軍国主義、国家主義的な教育が廃止され、新たに新設された社会科の中で道徳教育が行われてきた。しかし、少年非行の増大など戦後社会が混乱する中で道徳教育に関する議論が高まり、新たな道徳教育のあり方が問われることとなった。
     昭和33年の学習指導要領改訂により、学習指導要領が法的拘束力を持つことになり、合わせて小・中学校における道徳の時間が新設され、毎週一時間以上を確保することになった。この時、道徳の時間の目的である道徳性を児童生徒自ら自覚できるよう、他の教育活動と密接な関係を保ちながら補充・深化・統合し、望ましい道徳的習慣・心情・判断力を養い、社会における個人のあり方についての自覚を主体的に深め、道徳的実践力の向上を図るものとし計画性ある指導の機会を設けることができるよう配慮された。さらには、児童生徒の心身の発達に応じ、経験・関心を考慮し、より具体的な生活に即し指導することや、学級担任が児童生徒を十分理解し行うものとされ、全教師の関心のもとにおき、常に教師と児童生徒がともに人格の完成を目指していく態度が求められることとなった。これらの「道徳の時間」における考え方は今日まで変わっておら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。