佛教大学 道徳教育 試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数805
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育試験対策
    欧米の道徳教育思想について述べよ。
     
    古代ギリシャではソフィストたちによって人間への眼差しが向けられた。
    そして、ソクラテスは人々に無知を自覚させ、真の知の探求、しいては徳の実現へと向かわせることとした。プラトンは人間の求める対象が究極的には善のイデアとし、教育は現実界から善のイデアへの魂の目の向け変えを意味した。アリストテレスは善い行いを習慣化することによって得られる中庸が性格の徳とし、性格の徳はあくまで現実生活の行為の中で形成されていく。
    しかし、これまでの道徳教育思想はポリスの崩壊を迎えるヘレニズム期で大きな変革を迎える。ポリスを前提として道徳を考えていたが、個人の内面のあり方を重視するようになる。それにより「人間がどのように生きるべきか」という考え方についてのストア派の禁欲主義、エピクロス派の快楽主義、神秘主義などの思想が登場する。
    中世までの道徳教育思想においてギリシャ哲学と2本柱となるのがキリスト教である。「西欧の教師」よも呼ばれたアウグスティヌスは初期キリスト教会の最大の教父であった。アウグスティヌスは新プラトン主義の考えを取り入れ、キリスト教の教義を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。