佛教大学 教育社会学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数300
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育がどのように変化するかについて学力の視点から述べよ。
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」である。学歴を重視するということは、能力や個性よりも資格を重視することでもある。
     戦後の学校制度は、戦前に比べてより単線型となり、小学校、中学校、高等学校、大学と一直線につながった制度となった。加えて第一次産業から第二次及び第三次産業への職業的移動が進学志向を高める要因となった。そして、1960年代の高度経済成長期には、受験戦争という言葉が聞かれるようになった。これは、敗戦後のベビーブームの時に生まれた団塊の世代が受験期を迎えた頃で、学歴を求める人々が増加し、今までにない激しい受験戦争が展開されたのである。社会では第二次、第三次産業が目まぐるしい発展をみせ、高い技能を持った労働者が要求されるようになってきたため、需要と供給の関係で、企業が必要とする高学歴者の賃金がさらに高くなった。そして第一次産業は衰退し、農民層が分解し、人並みの生活をするには、教育しかないという労働者階級が大量に誕生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。