聖徳大学 理科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数523
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第2設題
     小学校学習指導要領において、理科の目標は「自然に親しみ、見通しをもって観察、実験を行い、問題解決の能力と自然を愛する心情を育てるとともに自然の事物・現象についての理解を図り、科学的な見方や考え方を養う。」とされている。平成10年度の学習指導要領改訂(平成15年度一部改訂)において次の通り、重視する観点を明確とした。
    見通しをもって観察、実験、栽培、飼育を行うなど、児童の自然の事物・現象への意図的な働き掛けを重視。
    事象を比べたり、変化と関係する要因を抽出したり、計画的に観察、実験を行ったり多面的に考察したりするなど問題解決の能力の育成を重視する。
    日常生活との関連を一層重視することによって、児童が主体的な問題解決の活動を通して事物・現象の性質や規則性を実感するとともに、科学的な見方や考え方を自ら構築できるようにする。
    小学校の課程において、児童が身近な自然の事物・現象を対象として学習活動を行うことで、自然を追求する能力や態度、自然についての認識を形成していく活動が理科の特徴である。
    上記の通り、目標はいくつかの項目に区切ることができる。
    まず、「自然に親しみ」とは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。