聖徳大学 体育教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数544
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    現代の子どもは運動するものとそうでないものが二極化し、生活習慣の乱れやストレス、不安感が高まりゆく時代の中で、子どもが運動に親しみ、体を動かす楽しさや喜びを味わい、生涯の自らの生活の中に運動取り込んでいくことができる学校体育が求められている。学校体育では心と体を一体としてとらえ、運動領域と保健領域を一層関連させて指導することが重要であり、その中で「運動に親しむ資質や能力の育成」、「健康の保持増進」及び「体力の向上」を図ることができるよう、密接に関連付けでおかなくてはならない。すなわち、児童生徒の単なる運動習慣の獲得だけではなく、運動の特性を味わいながら継続していくなかで、力強く生きていくことの基本的なこととして捉え、運動習慣が、生涯を通じて生活の一部として位置付けられることをねらいとしている。
    わが国の人口構成もすでに少子高齢化社会を迎えており、如何なる状況下においても子どもの教育を通した健康でたくましい成長の基本である健康の保持・増進の条件として、適度な運動・スポーツの実践は欠くことができない重要な課題である。学習指導要領によって、心と体のための学校体育が、生涯ス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。