聖徳大学 生活科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数437
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第4設題
    生活科で育てたい態度や能力、認識を育てるためには、授業で教師がいかに子どもの姿をとらえ、確かな見取りを行い、子どもに指導として返していくかが重要になってくる。生活科の授業では、体験を通して子どもたちが態度や能力や認識を獲得していく。教師が授業中の活動を支援しながら、子どもたちの育ちを確かに見取ることができれば、子どもたちに確かな学びが育っているといえるのである。授業で教師が確かな見取りを行うことは、どう評価するのかということに関わっている。
    そこで、評価規準については、目標に準拠した形の「態度」「能力」「認識」という3観点で設ける必要性がある。
    まず、態度における評価観点である「生活への関心・意欲・態度」が挙げられる。子どもたちが活動の対象である自然や社会、身近な人々などと関わる時に、その子なりの願いをもって、楽しく取り組むことができているかを評価していく。自分なりの願いを叶えようとしながら、友達と協力し合い、最後までねばり強く活動に取り組んでいくことが、活動の対象への愛着を持つことや生活の中でのよりよい態度につながっていくと考える。ここでの態度は自分の願いをもとう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。