聖徳大学 国語科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数673
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
     国語科の教科目標にも示されている通り、「国語を適切に表現し正確に理解する能力を育成し、伝え合う力を高める。」ことで思考力や想像力、言語感覚を養うことにつながる。「伝え合う力」とは「適切に表現する能力」と「正確に理解する能力」とを基盤とし、人間と人間との関係の中で互いの立場や考えを尊重しながら言語で適切に表現し、正確に理解する力であり、現代社会に生きる為に必要な国語の力及び人間形成に資する国語科の重要なものである。国語科の領域である「話すこと・聞くこと」という音声言語能力、「書くこと」の文字言語による表現能力、そして「読むこと」という文字言語による理解力のそれぞれを統合した力である。学校の教育活動ではこうした「伝え合う力」を国語科の目標及び内容を通して児童生徒に身に付けさせていくことが求められる。
     ここでは、低・中・高学年の教科目標及び内容を踏まえ、具体的な指導事例を挙げていく。
    低学年においては、児童に興味関心をもたせ、楽しく行うことを考え、「ごっこ活動」などを取り入れ、模擬体験をすることで実際の場をより身近なものと感じることが大切である。例えば、「お店屋さんに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。