聖徳大学 教育方法学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,641
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
     教育現場において、様々な教育活動を実践するために教育方法学の考え方はどのような場面でも用いられるものである。すべての教育活動は教育方法学の理論を元に実践されており、深い関係性がある。教育方法学とは、教育理論一般を意味する広義の教育学と、授業の実践的・技術的な原理を意味する狭義の教育学の中間に位置する。
     我々が教育者として、教育方法学の考えを生かす場は無論、教育現場での実践である。その対象は自ら発達しようとする傾向性を備え、良い環境と教育によって、より人間的な資質と人格の形成を目指す権利をもった子どもたちである。そして学校教育の教育過程において、授業を中心とした実践の中で生かされていくものである。教育過程の中心は教師と生徒の結びつきが最も強い授業である。授業の意義は教育基本法、学校教育法等に定められた教育の目的目指し、具体的な目標を設定し、教授に必要な子どもに相応しい教材を開発し、適した方法、主体的な学習の保障することである。また、それは子どもと教師の協力と創造の過程であり、目的・内容・方法・環境が混合された教授的環境に教育目標を組み合わせたものでなければならない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。