聖徳大学 教育課程論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数482
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    寺子屋の起源は、中世の寺院での教育に遡る。江戸時代に入り、商工業の発展や社会に浸透していた文書主義などにより、教育への要求が一層高まる中で京都・江戸・大坂などの都市部に寺子屋が定着していった。寛政、1690年代前後ごろから農村・漁村へも広がりを見せ始め、江戸時代中期以降増加の度を強めていき、特に江戸時代後期にかけ著しく増加した。享保六年(1721年)には江戸市中に寺子屋の師匠は約800人、幕末には全国で5万ヵ所ほどの寺子屋があったと推計され、寺子屋のない町や村はないとまで言われた。現代のように教員免許制度はなく教える場所も自由で誰でもが自由に開くことができた。師匠の裁量が大きな部分を占め幕府や藩は援助も介入もなかった。
    入学時期と卒業時期は、早い場合は5歳から普通は7か8歳で入学し男子が12、3歳、女子は13、4歳で卒業するのが一般的で、入門する年齢と卒業時期は個人の自由だった。授業時間は午前8時から午後2時までとされ、現代の小学校のように全ての授業時間にいる必要はなく通ってくる個人個人が来られるときに来て家の用事や稽古事に通う時間になると帰った。休日は師匠の裁量次..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。