聖徳大学 障害児心理学設題②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,401
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第2課題 第1設題
    中枢系疾患児の知的活動について考察せよ。

    中枢神経系の疾患による運動障害である脳性麻痺の子どもの心理学的問題は非常に多く、知覚、感覚、言語、記憶、情緒、社会反応など心理学領域のすべてにわたって問題点が認められる。この脳性麻痺児の知的側面について考察する場合に、知的水準と知的機能構造の二つの方向から捉えることが出来る。
    まず、脳性麻痺児の発達状況を見るためには、知的水準によって他との比較を行うことが出来る。脳性麻痺児の知的発達は、知的水準の点で健常児と比較して発達遅滞児が多い。しかし、身体的欠損以外にも多くの随伴的異常性を持つ脳性麻痺児の知的水準は、知的測定に使用する検査具及び検査場面、時間などの諸条件を含めた測定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
     中枢神経系の疾患による運動障害である脳性麻痺の子どもの心理学的問題は非常に多く、知覚、感覚、言語、記憶、情緒、社会反応など心理学領域のすべてにわたって問題点が認められる。この脳性麻痺児の知的側面について考察する場合に、知的水準と知的機能構造の二つの方向から捉えることが出来る。
    まず、脳性麻痺児の発達状況を見るためには、知的水準によって他との比較を行うことが出来る。脳性麻痺児の知的発達は、知的水準の点で健常児と比較して発達遅滞児が多い。しかし、身体的欠損以外にも多くの随伴的異常性を持つ脳性麻痺児の知的水準は、知的測定に使用する検査具及び検査場面、時間などの諸条件を含めた測定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。