聖徳大学 相談・援助の心理学設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数932
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1課題 第1設題
    1,クライエントに沈黙が起こった際の扱い方について述べよ。
    2,非言語コミュニケーションとは何か?

     1、カウンセリングを行う上でしばしば沈黙の状況が起こる。相談内容などにより、カウンセラーに対し、強い拒否を示す者は特にこういった沈黙の状況が現れやすい。クライエントが沈黙を続けると、経験の乏しいカウンセラーは特に不安になりやすい。それは沈黙の状況がカウンセリング価値の低いものだと思っているためだと考えられる。      
    沈黙とは始源現象であり、すべてのものを生み出す源となり、真実の言葉は沈黙から生まれるのである。その沈黙が生きている沈黙なのか、それとも死んだ沈黙なのか、カウンセラーは敏感かつ正確に感じとれるようにしていく必要がある。生きている沈黙ならば、カウンセラーはそっと寄り添い、温かく見守るだけでよい。死んだ沈黙、音声が途絶えているだけの沈黙ならば、カウンセラーは無意図・無作為のなかで「内容の再陳述」「感情の明確化」などに相当する動きをとることになる。カウンセラーは沈黙の意味を理解し、沈黙を数多く経験し、沈黙を恐れてはならない。クライエントに沈黙が起きた場合、それがクライエントの相手に対する拒否的感情なのか、話をすること自体に対する拒否的感情なのか、どう言っ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
     1、カウンセリングを行う上でしばしば沈黙の状況が起こる。相談内容などにより、カウンセラーに対し、強い拒否を示す者は特にこういった沈黙の状況が現れやすい。クライエントが沈黙を続けると、経験の乏しいカウンセラーは特に不安になりやすい。それは沈黙の状況がカウンセリング価値の低いものだと思っているためだと考えられる。      
    沈黙とは始源現象であり、すべてのものを生み出す源となり、真実の言葉は沈黙から生まれるのである。その沈黙が生きている沈黙なのか、それとも死んだ沈黙なのか、カウンセラーは敏感かつ正確に感じとれるようにしていく必要がある。生きている沈黙ならば、カウンセラーはそっと寄り添い、温かく見守るだけでよい。死んだ沈黙、音声が途絶えているだけの沈黙ならば、カウンセラーは無意図・無作為のなかで「内容の再陳述」「感情の明確化」などに相当する動きをとることになる。カウンセラーは沈黙の意味を理解し、沈黙を数多く経験し、沈黙を恐れてはならない。クライエントに沈黙が起きた場合、それがクライエントの相手に対する拒否的感情なのか、話をすること自体に対する拒否的感情なのか、どう言っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。