聖徳大学 学校教育学設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数414
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第2課題 第1設題
    テキストを読み、学習課題について考察。
    テーマⅧ 「日本国憲法だい26条にいう「教育を受ける権利」について論じる。
     日本国憲法26条には
    すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に
    応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
    すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護
    する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。
    義務教育は、これを無償とする。
    と定義されている。ここに挙げられる「教育を受ける権利」とは教育は、個人が人格を形成し、社会において有意義な生活を送るために不可欠な前提をなし、「教育を受ける権利」は、精神的自由権としての側面を持つ。また、「教育を受ける権利」が保障されていることによって、人間に値する生存の基礎条件が保障されることになる。この意味で、「教育を受ける権利

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
     日本国憲法26条には
    すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に
    応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
    すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護
    する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。
    義務教育は、これを無償とする。
    と定義されている。ここに挙げられる「教育を受ける権利」とは教育は、個人が人格を形成し、社会において有意義な生活を送るために不可欠な前提をなし、「教育を受ける権利」は、精神的自由権としての側面を持つ。また、「教育を受ける権利」が保障されていることによって、人間に値する生存の基礎条件が保障されることになる。この意味で、「教育を受ける権利..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。