聖徳大学 教育社会学設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数566
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    第2課題 第1設題
    パート4「学歴社会の変貌」についての考察

    学歴とはある人が学んできた経歴の事である。日本において日常生活で「学歴」という語を用いる時は、個々人の卒業・修了・退学した学校の経歴である学校歴の事を表わす事が多い。学歴社会とは、高等教育機関で学ぶ事が重視され、そのために若者が大学や大学院などの機関に殺到する社会を指す。我々が「学歴」という言葉を耳にすると、大多数の人は「いい学校を卒業した。」というような、直観的な見方で判断されることがほとんどではないだろうか。人は誰もが初見で人を判断する場合、顔や服装といった外観をまず見る。学歴というのも経歴書や履歴書といった書面にて第一に判断できる材料になっている。どうしても目に付きやすく、人を簡単に判断できてしまう材料化されやすいが、学歴という裏側には努力や苦労といった大きな意味が隠されていることに多くの人々は見過ごしやすくなってしまっている。
     私がテキストをもとに学び、感じたことは現在の社会ではどの環境でもメリトクラシー、いわば実力主義的な環境になりつつあるということである。ただ、論題にもあったように、完全なる能力主義にはならないと私は考える。それは、世襲制と呼ばれる中に

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    学歴とはある人が学んできた経歴の事である。日本において日常生活で「学歴」という語を用いる時は、個々人の卒業・修了・退学した学校の経歴である学校歴の事を表わす事が多い。学歴社会とは、高等教育機関で学ぶ事が重視され、そのために若者が大学や大学院などの機関に殺到する社会を指す。我々が「学歴」という言葉を耳にすると、大多数の人は「いい学校を卒業した。」というような、直観的な見方で判断されることがほとんどではないだろうか。人は誰もが初見で人を判断する場合、顔や服装といった外観をまず見る。学歴というのも経歴書や履歴書といった書面にて第一に判断できる材料になっている。どうしても目に付きやすく、人を簡単に判断できてしまう材料化されやすいが、学歴という裏側には努力や苦労といった大きな意味が隠されていることに多くの人々は見過ごしやすくなってしまっている。
     私がテキストをもとに学び、感じたことは現在の社会ではどの環境でもメリトクラシー、いわば実力主義的な環境になりつつあるということである。ただ、論題にもあったように、完全なる能力主義にはならないと私は考える。それは、世襲制と呼ばれる中に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。