障害者自立支援法を整理して、その現状と今後の課題について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,394
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者自立支援法を整理して、その現状と今後の課題について論じなさい。
     障害者自立支援法は急増する障害福祉サービスの利用や、地域や障害種別ごとに異なるサービス水準、財源確保等、支援費制度施行後にさまざまな課題が生じたため、障害者が地域で自立して暮らせるようにするという支援費制度の理念を継承しつつ、これらの課題を解決して、どこの地域においても障害者が必要に応じて一定水準のサービスを安定的に受けられるようにするため、2006年4月に施行された。
    障害者自立支援法には次のようなポイントがある。
    1.障害福祉サービスの一元化―従来の障害福祉制度では、障害の種類ごとにサービスが提供されていたが、今回の改革では、障害の種類によって異なる各種福祉サービスを一元化することとした。
    2.実施主体の市町村への一元化―障害者へのサービスは、これまでの都道府県から市町村に段階的に実施主体を移行してきたが、一部では、いまだに都道府県が実施主体になっているのが現状であり、より身近な市町村が責任をもって障害のある人たちにサービスを提供していくこととなった。
    3.利用者本位のサービス体系に再編―障害者の自立を一層支援..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。