労働者災害補償保険制度の現状と課題について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,050
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    労働者災害補償保険制度の現状と課題について論じなさい。
    労働者災害補償保険(労災保険)は、業務上の事由または通勤による労働者の負傷、疾病、障害または死亡について保険給付を行い、あわせて被災労働者の社会復帰の促進、被災労働者や遺族の援護、適正な労働条件の確保などを図るため労働福祉事業を行うことにより、労働者の福祉の増進に寄与することを目的とする社会保険である。
    労災保険においては、農林水産業の事業の一部が暫定的に任意適用事業となっている以外、労働者を使用するすべての事業に適用される。また、これに要する費用は、原則として事業主の負担する保険料によってまかなわれ、労働保険特別会計労災勘定によって経理されている。労働者の業務災害については、労災保険が実質的に事業主の災害補償責任を担保する役割を果たしている。
    労働保険の保険給付は両保険制度で個別に行われているが、保険料の徴収等は、両保険は労働保険として、原則的に一体のものとして取り扱われており、各事業場における賃金総額に労災保険率と雇用保険率を合わせた率を乗じて得た額を労働保険料として徴収している。労働保険は労働者を一人でも雇っていれば、労働保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。