児童健全育成の現状と今後の課題について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数736
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童健全育成の現状と今後の課題について論じなさい。
    1947年の児童福祉法制定以前の児童の福祉は、要保護児童中心に限定されていたが、本法の制定により、すべての児童の健全育成は児童福祉の目的として明確化され、社会の責務となった。
    児童が心身ともに健全に育成されるためには、何よりも児童の直接の生活場所である家庭が健全であることが第一義であり、それに加え、児童の人間関係の場である地域社会においても、遊び場の確保など育成環境の整備や、地域の人々が児童の育成に理解と関心を高める精神風土の醸成が必要であり、児童の健全育成が保障されるように努めることこそが重要である。
    現在、健全育成にかかわる施策として、様々な施策が実施されている。
    1.地域における児童の健全育成―地域住民の積極的参加による地域活動は、健全育成事業の中心的なものである。特に子どもが保護者以外の大人と関わり、社会のルールを覚えていく機会を与えるものとして、その役割は極めて重大である。主な地域活動としては、子ども会等の児童の集団活動、母親クラブ等の親による児童の育成活動がある。さらに、児童福祉法第40条に規定された児童構成施設がある。屋..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。