来談者中心療法について述べなさい.

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数743
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    来談者中心療法について述べなさい。
    カウンセリングとは、来談者(クライエント)が、専門家(カウンセラー)との話し合いを通じて自分の問題を相談したり、それについて助言を受けたりすることを指す。ただの相談ではなく、カウンセラーは、専門的な技法を用いており、その技法として「来談者中心療法」と「行動療法」2つのカウンセリング技法が活用されている。「来談者中心療法」とは、カール・R.ロジャースの“クライエント中心カウンセリング” (非指示的カウンセリング)の理論が元になっている。一方「行動療法」は、ワトソンによって提唱された“行動主義”やスキナーによって発展した“オペラント条件づけ”の理論を背景としてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。