障害者福祉にノーマライゼーションの概念が与えた影響について述べなさい.

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,431
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者福祉にノーマライゼーションの概念が与えた影響について述べなさい。
    現代の障害者福祉の基本理念は1959年にデンマークで制定された「知的障害者法」において、この法案作成に携わったバンク・ミケルセンが「知的障害者のために可能な限りノーマルな生活状態に近い生活を創造する」というノーマライゼーションの理念を位置付けたことがその起点となっている。
    ノーマライゼーションとは、1960年代に北欧諸国からはじまった社会福祉をめぐる社会理念の一つです。その理念とは、「知的障害者をいわゆるノーマルな人にすることを目的にしているのではない。というのは、一つにはノーマルシイという言葉はどこにも使ってないし、また知的障害者は、いわゆるノーマルではないいくつかの側面をもつグループとして定義される、ということを認めなければならない。目標とされているのはノーマルシイではなく、ノーマライゼーションなのである。ノーマライゼーションとは知的障害者をその障害とともに受容することであり、彼らにノーマルな生活条件を提供することである。すなわち、最大限に発達できるようにするという目的のために、障害者個人のニードに合わせた援助..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。