児童家庭福祉の現状を整理して、児童虐待についてその課題を論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数2,062
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉子ども社会少子化発達学校児童問題高齢化地域虐待

    代表キーワード

    福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童家庭福祉の現状を整理して、児童虐待についてその課題を論じなさい。
     人口構造の面からみたわが国の特徴は、世界のなかでも極めて早いスピードで少子・高齢化が進行している点にある。
      少子・高齢化が進んでいる背景には、いくつかの要因が考えられる。高齢化は、保健・医学的要因によりそのほとんどが説明できるが、少子化は極めて社会的な問題であり、夫婦あるいは個人の選択的要因もかなり大きい。2002年1月の将来推計人口では、当初の予想よりも少子化が進展していたため、厚生労働省は「少子化対策プラスワン」を発表した。
    少子・高齢社会を背景とした新しい子育て、子育ちの文化は、しだいに国民の間に浸透しつつある。現在、団塊の世代の子どもたちが親世代へと移行しつつある。その子どもたちの世代が親となりつつある今、子育てをめぐる新たな福祉問題が社会のなかで生起してきている。
     それらの問題は大きく4つに分けられる。1.子どもの成長・発達をめぐる問題―現在は身体的発達における問題点以上に、生活習慣病、食環境や日常生活との関連が疑われる病気が増加しており、また基礎体力の低下も指摘されている。さらに、小児慢性特定疾患..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。