介護保険制度の利用方法を整理して、地域包括支援センターの役割を述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数830
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     介護保険制度の利用方法を整理して、地域包括支援センターの役割を述べなさい。
    介護保険法は、1997年に成立し、新しい社会保険制度として公布された。この介護保険法は、利用者の選択により、保健・医療・福祉にわたる介護サービスを総合的に利用できる仕組みを導入するものである。また、福祉サービスの提供主体を、民間企業など広く多様に広げることにより、サービスの質の向上と地域の実情に応じた介護サービス基盤の拡充を図ろうとするものである。さらに、社会保険制度とすることにより、国民の理解を得ながら、今後増加が見込まれる介護費用を支えていこうとするものである。
    介護保険法においては被保険者を、①市町村の区域内に住所を有する65歳以上の者、②市町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者の二つに区分している。また、要介護者とは、①寝たきりや認知症等の要介護状態にある65歳以上の者、②要介護状態にある40歳以上65歳未満の者であって、その要介護状態の原因である身体上または精神上の障害が特定疾病によって生じたものをいう。そして、要支援者とは、①要支援状態の原因である身体上または精神上の障害が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。