地域援助技術の意義とその方法について、現状と今後の課題について論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数920
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域援助技術の意義とその方法について、現状と今後の課題について論じなさい。
    福祉サービスを必要とする人が、その必要に応じて的確な援助を受けるためには、生活する地域に必要な福祉サービスが整備されていなければならない。例えば、社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士、保育士が利用者の相談にのり、援助をしようとしても、地域に各種の福祉施設や在宅福祉サービスなどの社会資源が十分整備されていなければ支援できない。
    また、地域に福祉施設や在宅福祉サービスなどの社会資源が整備されていても、それらが利用しやすい手続きになっていたり周知されたりしていなければ、せっかくの資源も宝の持ち腐れになってしまう。そして、福..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。