欧米における社会福祉の歴史的展開について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数721
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    欧米における社会福祉の歴史的展開について述べなさい。
    社会福祉の歴史は、原始、古代社会において、人々が共同生活を維持するため、相互扶助生活を営んだことから始まる。そこでは、生産能力は低く、自己防衛力も弱いため、個人の力では安全、独立した生活を営むことは難しく、共同体による相互扶助があってこそ、社会の存続や人々の生存は可能であった。このような状況のもと、さまざまな援助活動がみられ、親子の情愛や近隣間の相扶慣習、あるいは介助義務に基づく救済が加わって展開された。
    西洋文化の精神的バックボーンであるキリスト教は2000年来、人々の平等思想を説き、奴隷と自由民の間に区別はないとし、宗教的な実践課題として弱者に対する慈善が勧められた。やがて313年、キリスト教は教団としての組織活動や、政治勢力としての増強に強め、慈善活動も従来の個人中心から、教会を中心として組織化されるようになった。
    その中で、職業人としての僧侶集団らよって慈善が行われたり、信徒の中の富者による、貧者への施与が奨励され、やがて慈善を行えば、人々はその犯した罪業の赦しが得られるという罪障消滅の思想が起こり、それが慈善の動因となって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。