社会福祉士として、「ソーシャルワーカーの倫理綱領」をどのように実践的に活かせるか述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,420
ダウンロード数74
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉士として、「ソーシャルワーカーの倫理綱領」をどのように実践的に活かせるか述べなさい。
    ソーシャルワーカーの価値と倫理は「倫理綱領」として明文化されている。ソーシャルワーカーの仕事は、法律家や医師などのように特殊な専門分野からの知識や経験、評価や判断で人間が抱えている問題に対応し、解決や改善の目標を設定し追求する仕事とは違い、人々が生活している世界や目線から、その人のもつ固有な能力、個人の経験や意欲などから社会環境をも含んだ資源を育成・整備し、協働して課題の解決へと生活を包括・統合的に支援・調整する独特な特徴がある。だからソーシャルワーカーは、個人的な先入観や価値観だけで利用者を判断す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。