『沈黙』を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数398
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『沈黙』を読んで
     17世紀前半、日本において厳しいキリシタン弾圧が行われていた頃、ローマ教会に一つの報告がもたらされた。イエズス会が日本に派遣したフェレイラ教父が棄教を誓ったというのだ。それを受けたフェレイラの教え子のロドリゴらは、信仰の火種を絶やしてはいけないという思いと、恩師の棄教という受け入れがたい事実が本当か否か確かめるため、日本への渡航を企てる。
     道中でキチジローという男の助けも受け、日本への潜伏に無事成功するロドリゴとガルペ。彼らはそこで、密かに信仰を続ける切支丹の姿を目にする。あまりに悲惨な農民である彼らにとって、その信仰は、数多の貧困や苦難に対する唯一の救いなのだ。しかしそんな彼らに、役人の拷問や処刑が容赦なく襲い掛かる。その姿から、ロドリゴには一抹の不安が巡っていく。神はなぜこんな苦難を彼らに与えるのか、なぜ彼らに対して沈黙を続けるのか、と。やがてロドリゴ自身も、キチジローの裏切りにより奉行所に捕えられてしまうのであった。
     悲劇はなおも続く。役人に処刑され、次々と殉教する信者たち。そして彼らを追って命を落としたガルペ。祈ることしかできないロドリゴは、ひたすら神の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。