『コミュニケーション力』を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数345
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『コミュニケーション力』を読んで
     理想的なコミュニケーションとは、クリエイティブな関係性である。それは、対話している2人が互いに、「ああ、そうだったのか、気付かなかったね」と喜び合えるような関係だ。こうした関係を可能にするために、どのような基盤や技術が必要か。幅広いコミュニケーションの可能性の中で、特に、知識を吸収するための手段としてのコミュニケーションを、本書から学ぶ。
    そもそもコミュニケーション力のある対話とは、なにか。それは、相手の経験世界と自分自身の経験世界を絡み合わせ、1つの文脈を作り上げていくことで、また次の展開を可能にするものだ。すなわち、コミュニケーション力とは、文脈を的確につかまえる、文脈力のことである。
    会話において文脈力があるといえる基準は、「なぜ今この話をしているのか」という状態になったとき、しっかりと遡って答えることができることだ。上手に話を散らしつつ、また立ち戻る ―この2つの技をともに磨くことで、コミュニケーションの幅が広がる。こうした文脈力をつけるためには、会話の最中にメモを取る必要がある。会話の聞き手であれ、話し手であれ、メモの不可欠性は変わらない。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。