Z1307教科教育法国語2トロッコ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数921
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学校1年生の3学期に学習されている文学教材「トロッコ」(芥川龍之介)を、詳細に教材分析し、その構造や工夫を明らかにしなさい。
    「トロッコ」の主題は、良平の幼き日の回想に描かれた、当時感じた強い不安や孤独、また、二十六歳になった良平の、幼き日と同じ、またはそれにも増すような大きな孤独、焦燥感であると考える。
    「トロッコ」は話の構成として全体を七つの場面に分けられる。一つ目が、良平が幼き頃トロッコに強く憧れていたということが描かれた部分。二つ目が、初めてトロッコに触れる体験から、土工にどなられるという良平にとって衝撃的な体験の部分。三つ目が、次に出会う土工とのやり取りの中での喜びと不安が描かれた部分。四つ目が、不安から絶望への部分。五つ目が、我が家を目指し、不安や孤独の中ひた走る良平が描かれた部分。六つ目が、我が家で不安や孤独から解放され泣き続ける部分。そして最後の七つ目が、二十六歳になった現在の良平が描かれた部分である。
    まず一つ目の場面では、良平が八歳の時にどれだけトロッコに憧れていたのかということが芥川によって巧みに描かれている。
    例えば、「良平はそんなけしきを眺めながら、土工にな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。