精神保健福祉士に課せられた役割と職業倫理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,100
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉士法および倫理規定に基づき、精神保健福祉士に課せられた役割と職業倫理について述べなさい。
    そもそも、精神保健福祉士とは、①「精神保健福祉の制度、サポート方法・技法等を専門職の立場から支援、提供する事」、②「個人として尊重して自分らしい生き方、生活を支持して支援していく事」という2つの役割に大別されるが、この中において「職業倫理」という事が非常に重要な事である。その為、「精神保健福祉士法」と「倫理規定=日本精神保健福祉士協会倫理網領」に基づいて役割と職業倫理について考えていく。
    まず、役割については、クライエントの生活上における問題・困難に苦しむ人々を援助することを第一義に考えていく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。