精神障害者ケアマネジメントの過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,313
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神障害者のケアマネジメントの過程についてまとめ、考察せよ
    そもそも、ケアマネジメントとは、効率的に援助を行う為にクライエントの立場に立ってニーズを解決できるよう援助のネットワークを組んで支援する技法で一般的には、ケアに関する専門知識・技術を有する保健・医療・福祉の関係者と連携チームを組んで行うものである。厚生労働省による障害者ケアマネジメントによれば、「障害者の地域における生活を支援するためにケアマネジメントを希望する者の意向を踏まえて、福祉、保健医療のほか、教育・就労など幅広いニーズと、様々な地域の社会資源の間に立って複数のサービスを適切に結びつけ調整を図るとともに、総合的かつ継続的なサービスの供給を確保し、さらには社会資源の改善及び開発を推進する援助方法である」と定義されている。
    一般的なケアマネジメントの過程は、インテーク→アセスメント→ケア計画作成→ケア計画実施とモニタリング→評価→終了(必要に応じて再アセスメント)といった6つの過程で構成されている。まず、①「インテーク」では、クライエントから話を聞く事等によって情報収集を行いながら、課題を発見し、ニーズを確認する段階であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。