家族への個別援助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数560
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    そもそも、家族とは、他の集団以上に感情が作用する集団、つまり、「家族の絆」と呼ばれる他の集団には見られない強い感情のつながりが存在するが、その反面、何かのきっかけによってその感情が強い憎悪に変わり、激しい対立が生じる。その為、家族の状況や事情等によって良好な関係であったり、逆に対立関係であったりと難しいのだが、支援・援助を考えていく上では「家族」は必要不可欠な要素の1つである。
    家族への個別援助には、大別して3つの援助視点がある。①「親の罪悪感や責任に対する支援」であり、これは、自分の育て方が悪かったから病気になったという罪悪感をもつ親の反応で特に母親にこの傾向が強く、養育態度を責め、罪悪感を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。