青年期における精神保健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,220
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    青年期における精神保健について
    そもそも、青年期の年齢範囲としては、思春期が終了する時期、概ね18歳頃から成人期が始まる前の概ね30歳頃のおよそ12年の期間である。
     まず、青年期心性の特徴としては、①「孤独感」で、これは、気持ちを共有できる相手が心の支えとなる一方で他者と自分との違いについて自分自身を理解してくれる人がいないと孤独感に陥る事で青年期の多くが抱く感情であり、約90%の人が他者は自分を完全に理解してくれないと実感し、互いに理解可能な面がある一方で理解できない面もあるとして自身の孤独感を受け入れる。これは、落合良行が青年期の孤独感を人間同士がお互いに理解し共感し合えるかどうか、人間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。