社会福祉の実践における記録の種類について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,012
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     記録とは、福祉現場において重要な要素の1つであり、様々な期間、施設等において作成されている。そもそも記録の種類とは、「援助者の記録」、「クライエント(利用者)の記録」、「専門職の記録」といった3つに分ける事ができる。
     まず、「援助者の記録」であるが、これは以下の3つに分類される。第一に業務記録と呼ばれるもので施設や機関等でよく使われ、それぞれにおいて定められた様式で書かれているといった特徴を持つものでケース記録(フェイスシート、過程記録)、相談記録、処遇・援助者記録等といったものが挙げられる。第二に実践記録と呼ばれるもので、これは援助者自身のその時々の感情や重い等といったものを自由に書いて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。