福祉コミュニティづくりと福祉教育のあり方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,418
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉コミュニティづくりと福祉教育のあり方について述べなさい。
     そもそも福祉コミュニティとは、地域において要援護者及び家族援護者を中核として、彼らを援助するインフォーマル及びフォーマルなサービス提供者とその地域の住民が要援護状態に陥らないように自発的に相互援助を行う住民とフォーマルな予防サービスの提供者が援助と予防という共通関心に基づいて結ばれた社会関係のネットワークの総体であり、これからの社会福祉・サービス提供等の発展に大きく必要なものである。しかしながら、我が日本のコミュニティについては、戦後、地方から都心部へと若い世代の労働力が移動していった結果、都心部では新たなコミュニティの形成に至ら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。