コンピュータの仕組みについてまとめよ.

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数119
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「コンピュータの仕組みについて」
     コンピュータは、部品と部品が組み立てられて作られた機械である。コンピュータは機械であるため作業を行う時には必ず「プログラム」というソフトウェアを使って、その手順を指示してあげないと作業はできない。ソフトウェアに対して、この機械である部分を「ハードウェア」と読んでいる。
    そして、人間に代わってプログラムを実行させたり記録、管理を行っているのが「中央処理装置(CPU)」と「主記憶装置(一次記憶装置)」である。これらの装置は、半導体素子を高密度に集めた集積回路の組み合わせでできている。
     コンピュータのソフトウェアには、ハードウェアを能率良く、利用しやすく、高信頼化するためのコンピュータ運転支援のソフトウェア群があり、オペレーティングシステムと呼ばれている。電源をつけてから作業ができる間にもオペレーティングシステムが働いている。また、コンピュータを使ってインターネットを見たり、電子メールを作成したり、計算ソフトを使用して表計算を行ったりする時には、インターネットエキスプローラやアウトルック、エクセルなどのアプリケーションを使用して作業を行う。こうした一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。