ボランティア活動の自発性とボランティア活動を推進するNPOの関係について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数531
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ボランティア活動の自発性とボランティア活動を推進するNPOの関係について述べよ。」
    1.ボランティア活動の自発性について
    ボランティアとは、他人から強制されて行うのではなく、自らの意思に従って自由に行動する「自主性」のことであり、他人(社会)のために行う「利他性」や見返りを求めない「無償性」を伴うと考えられる。ボランタリズムとは、ボランティア活動の動機づけとなる意志のことであり、自発的行動主義のことである。
    ボランティア活動は、活動に必要な時間や労力、技能、資金などの活動資源に関するボランタリズムと活動の結果に対する無償性を原則としている。あえて活動の対価があるとすれば、自分の活動を相手から喜んでもらえたことへの内的な喜びや自己満足、達成感などが挙げられる。そして、それが今後の活動を継続させる動因となるのである。
    また、ボランティア活動の特徴的な性格として自由性がある。これは、活動内容は本人の自由な意思で決定するもので、制度や社会風俗、習慣によって規定されるものではないということである。自らの価値観で活動するボランティアは、多様な価値観によって行われ、必ずしも善行とは限らない。行政批..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。