精神科リハビリテーションの構成について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数295
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「精神科リハビリテーションの構成について述べよ」
    1.精神科リハビリテーションの対象
    精神科リハビリテーションの対象は、精神病と診断され、社会的に一定の機能や役割を担う能力が限定されている人である。
    アメリカ、ボストン大学の精神科リハビリテーションのアンソニー(Anthony,W.)らは、ゴールドマン(Goldman,H.H)の定義から「重度の精神病を患い、長期にわたって中度から重度の能力障害をもつ人」と定義している。具体的に挙げると、精神疾患による重度の障害と役割機能の障害がある。精神疾患とは、救急サービスや代替ケア、入院などの外来以外で集中的精神科治療を1度以上受けたことがあること。もしくは、入院以外のケアを2年以上受けていることをいう。また、役割機能上の障害とは、社会的に不適切な行動があり、精神保健システムや司法システムの介入が必要な人をいう。就労できず、行政からの経済援助が必要であるにも関わらず手続きができない、人的社会支援システムの確保・維持能力が極めて低く、基本的生活技術にも助けが必要な人である。
    こうしたことから、「長期にわたり精神障害をかかえる人が、専門家による最小限..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。