「大型スーパー」と「100円均一」に見る移民大国カルフォルニアの現実、そして日本という国

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数161
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    僕がカルフォルニの留学生活で見た、移民大国カルフォルニの現実と、そこから浮かび上がる日本のという国についてです。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「大型スーパー」と「100円均一」に見る移民大国カルフォルニアの現実、そして日本という国
    僕の週末の日課は、近所の100円均一でひと通り食材を揃え、他を補うために道路を隔てて向こう側にあるスーパーへ行くというもの。そして僕は毎週末に必ず「貧困の地」から「裕福の地」へと行き来しているような不思議な感覚に襲われます。貧困の国は100円均一(99cent shop)で、裕福の国は大型スーパー(Smart&Final)。私にはこの二つの店を隔てる大きな道路が、まるで二つの国をわけ隔てている国境のようにすら思えるのです。日本人だからこその感覚なのでしょう。それは決して大袈裟ではなく、日本国内では想像を絶するような格差社会が、そこにはあります。
    僕が利用している99cent shopの客層8割以上が低所得層の移民であり、彼等は「生きるため」にこの店を利用しています(残りの2割は私のような節約留学生や、特に生活には困っていないけど節約したい主婦など)。初めてこの店に来たとき、それはもう衝撃的でした。外には必死に物乞いを行うホームレスが居て、店内は雑然とした空気が漂い、品揃えは日本の100円均一に比べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。