よつばさんの資料 / タグ / 季節のあいさつ

資料:10件

  • 季節のあいさつ_敬語_忌み言葉
  • 気をつけたい忌み言葉  祝賀・見舞・お悔み状での忌み言葉は特に気を付ける必要がある。 お見舞い 再び、また、重ね重ね、返す返す 追って、なお たびたび、重ねて、いろいろ 四、九、死、苦 終わる、落ちる 滅ぶ、枯れる 薄い、分かれる、別れる ※見舞い状は絶対に印刷したもので..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(792)
  • 季節のあいさつ_敬語_病気見舞い
  • 病気見舞い  見舞い状の鉄則は先方の病気の正確な情報を得ることです。 病気見舞い状の基本ポイント 突然発病を知った場合 ・頭語を省いたり、「急啓」を用い挨拶文は書かない。 病気のその後の経過を尋ねる場合 ・頭語は「拝啓」を用いて、挨拶文も書く場合もある。 病気見舞いの..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(5,073)
  • 季節のあいさつ_敬語_年賀状
  • 年賀状  年賀状では賀詞・お礼等以外のことはあまり書かないのが普通である。 賀 詞 謹賀新年・恭賀新年・賀正・迎春・頌春・賀春 旧年中のお礼等 一般用 新春を迎え皆様のご健康とご繁栄を 心よりお祈り申し上げます 昨年は大変お世話になりありがとうございました 今年もよろしく..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(1,456)
  • 季節のあいさつ_敬語_残暑見舞い
  • 残暑見舞い  出す時期は立秋(8月初旬)から8月末まで(暑さが続く年であれば9月初旬まで可能) 残暑見舞いの慣用句 残暑お見舞い申し上げます。 残暑おうかがい申し上げます。 残暑のお見舞いを申し上げます。 秋立ちぬとはいえ、毎日暑い日が続いております。 立秋を過ぎても..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(711)
  • 季節のあいさつ_敬語_余寒見舞い
  • 余寒見舞い  出す時期は立春(2月4日)から  余寒見舞いの慣用句 余寒お見舞い申し上げます。 暦の上では春を迎えたとはいえ、なお真冬のような寒さでございますが 余寒厳しき折、一層のご自愛をお祈り申し上げます。 立春とは名ばかりで、まだまだ忍びがたい寒さが続いておりま..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(686)
  • 季節のあいさつ_敬語_寒中見舞い
  • 寒中見舞い  出す時期は1月半ばから立春(2月4日)まで 松の内(1月7日)を過ぎたら年賀とせず寒中見舞いとする。 寒中見舞いの慣用句 寒中お見舞い申し上げます。 寒中おうかがい申し上げます。 酷寒(厳寒・極寒)の候、お元気のことと存じます。 今年は例年にない寒さ、い..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(598)
  • 季節のあいさつ_敬語_暑中見舞い
  • 暑中見舞い  出す時期は7月中旬(梅雨明け)頃から立秋(8月初旬)まで 暑中見舞いの慣用句 暑中お見舞い申し上げます。 暑中おうかがい申し上げます。 酷暑のお見舞いを申し上げます。 暑さことのほか厳しい折 うだるような暑さが続いておりますが、 油照りの続く毎日ですが、 ..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(973)
  • 季節のあいさつ_敬語_社交儀礼
  • 社交・儀礼文書の書き方  社交・儀礼文書はおざなりでない気持ちを表現すること。 良い社交・儀礼文書を作成する注意点は次の通りです。 社交・儀礼文書の種類 時候の挨拶状 ・年賀状、寒中見舞い、余寒見舞い、春の挨拶状 梅雨期の見舞い、暑中見舞い、残暑見舞い、歳末の挨拶状 ..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(1,370)
  • 季節のあいさつ_敬語_文末
  • 文末の基本形  1.一般的な末文 「まずは略儀ながら、書面にてご挨拶申し上げます」 「以上、お礼かたがたお願いまで」 「とりあえず書面にて、ご挨拶申し上げます」 「まずはとり急ぎご報告申し上げます」 「とりあえず、別紙のようにご案内申し上げます」 「ご挨拶かたがたご依..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(6,567)
  • 季節のあいさつ_敬語_前文
  • 前文の基本形  「拝啓(頭語)→初春の候(時候の挨拶)」と続いた前文は、 次に下の1.となり、行を改めて2.の順に並ぶのが基本形 1.繁栄・盛業を祝福することば 「ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます」 「いよいよご隆盛の由、大慶に存じます」 「ますますご清栄と拝..
  • 全体公開 2008/11/17
  • 閲覧(1,078)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?