季節のあいさつ_敬語_病気見舞い

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数4,894
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    病気見舞い
    見舞い状の鉄則は先方の病気の正確な情報を得ることです。
    病気見舞い状の基本ポイント
    突然発病を知った場合 ・頭語を省いたり、「急啓」を用い挨拶文は書かない。
    病気のその後の経過を尋ねる場合 ・頭語は「拝啓」を用いて、挨拶文も書く場合もある。
    病気見舞いの慣用句 書き出し ご病気のことと ご不快と承り 入院された由 ご入院とうかがい 入院、手術を受けられたとのこと 先月来ご病臥とうかがい 驚き、心配の文面 驚いております 心を痛めております ご心痛お察しいたします さぞご心痛のことと 経過も順調の由、安堵いたしました 容態を尋ねる文面 その後ご病状はいかがでございましょうか その後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。