季節のあいさつ_敬語_余寒見舞い

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数548
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    余寒見舞い
    出す時期は立春(2月4日)から
    余寒見舞いの慣用句 余寒お見舞い申し上げます。 暦の上では春を迎えたとはいえ、なお真冬のような寒さでございますが 余寒厳しき折、一層のご自愛をお祈り申し上げます。 立春とは名ばかりで、まだまだ忍びがたい寒さが続いております。 余寒厳しく、まだ春の気配を感じるのは先のことと存じます。 立春とはいえ、しのぎがたい寒さの続く毎日ですが 日付 **年二月・平成**年二月

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。