季節のあいさつ_敬語_前文

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数982
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    前文の基本形
    「拝啓(頭語)→初春の候(時候の挨拶)」と続いた前文は、 次に下の1.となり、行を改めて2.の順に並ぶのが基本形 1.繁栄・盛業を祝福することば 「ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます」 「いよいよご隆盛の由、大慶に存じます」 「ますますご清栄と拝察申し上げます」 「ますますご発展との趣、何よりと存じ上げます」
    2.感謝のことば 「日頃はひとかたならぬお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます」 「毎々格別のご厚情を賜り、まことにありがとうございます」 「この度はご用命を賜り、深く感謝しております」 前文の応用
    感謝のことばのかわりにお詫びの挨拶をする時 「毎々お手数をおかけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。