道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数315
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
    学習指導要領の第6次改訂では週5日制の完全実施、「総合的な学習の時間」の創設の2つが大きな特徴となっており、基礎・基本の学習と体験的な学習を同時平行的に進めることを目標とした。その改訂における道徳教育改善の基本的な観点は以下3つの視点から構成された。
    「これからの学校と道徳教育」
    学校は子どもたちの豊かな人格を形成していく場であり、子どもたちが教師や友達と共に学び合い活動し、存在感と自己実現の喜びを味わえるようにしていくのが学校である。
    「生きる力と道徳教育」
    教育においては「生きる力」の育成が不可欠である。「生きる力」とは、変化の激しい社会において、協調性や自律性など、人間としての実践的な力であり、豊かな人間性を重要な要素とする。
    「教育課程の基準の改善のねらいと道徳教育」
    教育課程は、「生きる力」の育成を図るものではなければならない。今日の子どもの現状や国際化の進展等を踏まえて、調和のとれた人間形成が、改めて強調される。
    さらに道徳教育改善の基本方針としては、「生命を尊重する心を基盤として自立心、自己責任、善悪の判断などの基本的なモラル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。