教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数218
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい」  
    現在の学校現場の状況は不登校、いじめ、非行などの子どもの行動が問題として取り上げられている。これらの問題に対して、教育的な関わりのみではなく、カウンセリング的関わりの重要性がさけばれ、学校におけるカウンセリングの必要性が強調されてきた。より深い生徒理解や援助の方法が必要になり、カウンセリング的な理論や技法の必要性がますます高まっていると考えられる。それにより、教師のカウンセリング能力の向上、また専門の資格(臨床心理士)を持ったスクールカウンセラーが必要になってきている。
    カウンセリングには大きく分けて二種類ある。一つは治療的カウンセリングであり、もう一つは発達援助的カウンセリングである。  発達援助的カウンセリングは、開発的カウンセリングということができる。このカウンセリングは治療が目的ではなく、子どもの人格がバランスよく発達を遂げるように援助することが目標である。それゆえ、学校カウンセリングといえば、多くの場合、この発達援助的カウンセリングをさす場合が多い。
    「教育とカウンセリング」という領域はこれから開拓され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。