養護教育学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数494
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「学校教育を支える養護教諭の役割について、具体的な例をあげ考察せよ。」
     近年の情報化社会の進展、様々な分野における科学技術の高度化など、急速な社会の変化により、人間関係の希薄化、生活環境や生活様式が変化してきた。その影響を受けて現代の子供たちは、いじめや薬物乱用、性の逸脱行為などの増加が深刻化し、学校教育の重大な課題として解決が迫られている。とりわけ、学校における健康教育の果たす役割は大きく「養護教諭」の専門性を生かした対応が期待されている。以下に、児童生徒の疾病、事故、いじめ、不登校、非行など、心や体、生活行動上に現れる諸問題に関わる「養護教諭」の法的根拠、役割と専門性について述べる。
     1、養護教諭の法的根拠
     養護の基本は、教育基本法第1条の「教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と平和を愛し、個人の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない。」これを基に、学校教育法第28条において「小学校には、校長、教頭、教諭、養護教諭及び事務職員をおかなければならない。」とし、また7項には、「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。