社会福祉援助技術各論4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数454
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ。」
     社会福祉調査とは、何かの統計を出すとき的確な現状把握なしには、効果的なサービスや対応策を計画及び実施することが困難である。そのため現実を把握するときに行う調査である。社会福祉調査は社会調査の一応用分野であり、基本的な調査理論や技術は社会調査に依拠している。しかし、特に問題解決的アプローチ型の調査を主流とし、社会福祉援助技術の一つとして用いられるところに特徴がある。社会福祉調査は、ニーズや実態を把握し、解釈するだけにとどまらず、その解決策を導き出すことに寄与するものである。直接的であれ、間接的であれ、サービスや援助、事業運営、制度・政策などをよりよいものにすることをねらいとして行われる性格のものである。その根底には、人々のよりよい生活及び福祉の向上を図ることに貢献しようという価値意識が存在している。
     1、社会福祉調査の類型について
    社会福祉調査の種類として、接近方法、収集するデータの性質、調査対象範囲、調査方法という4つの分類基準を用いて整理する。
     (1)接近方法による分類からみた種類
     何のた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。